EMS/妊娠・生理・産後時の疑問をエステティシャンがすっきり解決!

ems利用時の疑問

こんにちは。月よみエステティシャンの真優美です。

この記事では、EMSご利用時によくお問い合わせがある妊娠・生理・産後時の疑問についてご紹介していこうと思います。

今回は、日々女性のデリケートなお肌やボディのお手入れをしている現役エステティシャン真優美が、EMSについてマニアックにお伝えしていきます。


EMSとは?

EMS使用時の疑問をご紹介するまえに、まず簡単にEMSについてご紹介しておきますね!

Electrical Muscle Stimulationの略で、電気刺激による筋肉運動のことです。

肩こり改善のための低周波治療器も同じような作用がしますが、周波数が違うので筋肉を刺激する深度が違うため、EMSと低周波治療器は別のものとなります。

EMSの注意事項

EMSは使い方が正しければ、効果絶大な素晴らしいマシーンです。必ず禁止事項を守って使いましょう!

EMS機器を使ってはいけない人

  • 心臓ペースメーカー使用中の方
  • 心臓疾患の方
  • 出産直後の方
  • 妊娠中の人

妊娠時の疑問、こんな時でも使っちゃダメ?

妊娠

妊娠中は運動不足になりがちですし、産後も早く体型を戻したいから手軽に使えるEMSは使いたいですよね?

ですが、残念ながら妊娠中や産後直後はEMSなどの電子機器は使えません。

電流による刺激が胎児や子宮にどのような影響が起きるかわからないので、エステサロンではアロマエッセンスさえも使用不可です。

妊娠時のタイミングによる使用

妊娠超初期:ご自身でも妊娠に気づかない時期かもしれません。妊娠の兆候が現れたら、マシーンの使用は中止し、お医者様にかかりましょう。

妊娠初期:使用禁止

妊娠中:使用禁止
お腹以外の腕や太ももでも、妊娠中は使用禁止としています。

産後時の疑問、こんな時でも使っちゃダメ?

産後はホルモンバランスも乱れており、出産という大イベントを終えた身体は疲れきっています。
まずは産褥運動をしたり、体力を回復することに専念しましょう。

産後時のタイミングによる使用

産後直後:使用禁止

産後:産後、月経が再開して3ヶ月経ったら使用可。ただし、心配な方はかかりつけの病院や医師に相談。

EMSを使ってはいけない部位

  • 心臓付近、および首から上。顔や頭皮も含む。
  • 当日脱毛処理した部位
  • 生理中のお腹
  • 金属やプラスチック、シリコンなどが埋まっている箇所
  • 背骨(脊椎)
  • 刺青(タトゥー)が入っている箇所
  • 傷口や目、口、陰部などの粘膜部位

生理時の疑問、こんな時でも使っちゃダメ?

生理

生理中はホルモンバランスが崩れやすく、多くの女性が不調を感じる時期です。個人差はありますが、肌荒れ、むくみ、だるさ、貧血や生理痛など、ひどい方は寝込むことも。

生理後から排卵期までは、体調も良くデトックスできる時期なので、タイミングを見て自分の身体と相談しながら使用しましょう。

生理時のタイミングによる使用

生理前:生理前は使用可。ただしPMS(生理前症候群)がひどいときには無理をせず、体調が良いときに使用した方が効果が高い。

生理中は?:お腹以外は使用可。レベル強度は低めの方が良い。

生理遅れる:特に問題ないが、妊娠の可能性があるのであれば、検査をして妊娠してなければ使用する。

実際にお客様センターへお問い合わせしてみました。

今回、お電話でお問い合わせしたのは、コロコロ美顔ローラーで有名な株式会社MTG。シックスパッドも販売しているので早速聞いてみました。

シックスパッドは効果なし?全商品の口コミから比較検証!

2018.02.20
mayumi
産後というのは具体的にいつごろか?
oparator
おおむね6ヵ月後くらいです。ただ、産後はホルモンバランスが安定していないため、普段だとなんでもないことが刺激と感じることもあります。例えば、粘着パッドで肌荒れをする可能性もございます。

必ず、通っている婦人科の先生に聞いてから使用するようにしてください。

mayumi
生理中になぜ下腹部を避けるのか?
oparator
生理中はやはりホルモンバランスが崩れやすく、同じく粘着パッドが刺激になる場合もございます。

できれば生理中は避けていただきたいが、どうしても使用する場合は、太ももや二の腕、わき腹などに使用してください。

皮膚に違和感やいつもより刺激が強いと感じたときはお休みしてください。

とのことでした。
小さな疑問にもキチンと答えてくれるお客様センターがあるのは安心ですね。

エステサロンで使用する業務用と自宅で使うEMSはどう違うの?

周波数やパワーが違います。

自宅で使うマシーンは20Hz~80Hzで比較的浅い筋肉をピクピクと刺激するのに対して、業務用は20Hz~5000Hzとう幅広い周波数で浅い筋肉から深い筋肉層まで、ギューっと筋肉をつかまれる感覚で、満遍なく刺激していきます。

そして、整体師やエステティシャンなどプロが使う業務用マシーンは筋肉の流れに沿ってパッドを貼り付けるので、解剖生理学の知識が必要になります。

ベストな使い方としては、自宅で毎日EMSを使いつつ、週に1~2回ほど業務用のEMSでインナーマッスルを鍛えるというのが理想的です。

真優美の場合・・・(体験談)

女性の場合、月に1回生理がありますので、月によって生理痛が重いときなどは、筋トレやスポーツはお休みしています。

ただ、体調が良くて動きたいときは、お腹以外の二の腕や太ももなどに使用していましたよ。

生理中に脚のむくみがひどいときは、筋肉運動というよりはマッサージ感覚で、弱レベルでふくらはぎに使うと脚が軽くなります。

産後は、骨盤周りのもたつきや、開きが気になる時期ではありますが、8ヶ月以上お腹に赤ちゃんがいた状態なので、急に筋肉運動をしても体はびっくりします。

産後直後はマシーンよりも、どちらかというと産褥運動で身体を回復させてました。

授乳中は生理が来ないので、卒乳して生理が来て3ヶ月ほど経ってからマシーンを再開しました。(気になる方はかかりつけの主治医に相談してください)

体感としては、使ってから1~2週間で腹筋に力を入れると、以前より固くなっているのがわかります。

初めて使ったときは、頑張りすぎたのか筋肉痛になりました。効いてる感があってうれしかったです。

体重が落ちるというよりは、見た目のスッキリ感がわかりやすいです。

子育てでぐったり疲れきって、運動する気力も時間もない状態で、家事をしながらEMSマシーンを使えるのはとても効率が良く、美意識が高まります。

また、つけている間はじっとしているわけにはいかないので、電源コードがなく電池式や充電式のマシーンのほうが動きやすくて使い勝手が良いです。

また、マシーン装着中は必ず、起きてやるといいですよ。せっかく運動しているのに、眠ってしまっては効果が半減します。

本当は少し動きながらEMSをするのが良いですが、パッドが浮いてしまうのであれば、横になっていても大丈夫。本を読みながら、テレビを見ながらEMSで筋肉を鍛えましょう。

シックスパッドの使い方完全マニュアル(動画もあり)

2018.03.05

まとめ

  • EMSマシーンは妊娠中・産後直後は使用NG
  • 生理中はお腹以外は使用OK

EMSマシーンを最大に効果を出すためには、パッドの密着が大事です。

使い続けていると、ジェルパッドが磨耗してしまったり、うまく装着できずにパッドの接地面が浮いてたりすると、接触する部分に電流が集中するので、やけどや水ぶくれなどの肌トラブルを起こします。

また、早く効果を出したいからといって強度レベルを上げすぎると、筋肉痛がひどくなり筋肉の回復に時間がかかります。

EMSの機械は自分で動かなくても、勝手に筋肉運動ができるのでとても楽です。個人的にキツい筋トレは苦手です、、、

ただ、最近のマシーンは家庭用でもかなり効果があるものも多いので、レベルを上げすぎると筋肉痛になるので、注意が必要です。

一言に家庭型EMSと言っても、マシーンの大きさや周波数によって値段はさまざまです。
より深く、インナーマッスルにアプローチできるのは値段も高くなります。

筋肉は成長していくので、使い方としては始めは弱レベルで少しずつ鍛えて、徐々に強度を上げて筋繊維を太くしていくというやり方がベストです。

EMSは見た目の変化はわかりやすいですが、ダイエット目的で使うなら、食事や睡眠、有酸素運動やアミノ酸系サプリなども併用した方が体重減少の効果大です。

>>細マッチョの食事メニュー

ABOUTこの記事をかいた人

月のリズムによって、女性のココロとカラダが変化する研究を日々続けています。 潮の満ち引きや出産など、地球の天体である月が自然界にいろいろな影響を及ぼしてしているのは解明されつつあります。 月のリズムを味方につけて、20年後も健康で美しい毎日が過ごせるようプライベートサロンでご褒美エステを提供しています。